青汁を飲んでみました

青汁の種類と我が家での青汁の人気度について

現代人は野菜が不足していると言われていますので、青汁などを摂る事はとても良い事だと思います。
TVCMなどで、不味いと宣伝された為に敬遠されがちですが、最近の青汁はおいしいものも多く、抹茶風味などが付加されているものもありますので、日常飲むにはとても良いドリンクの1つです。
青汁を飲むのは苦手でも、料理に使う事も可能ですから、天ぷらの衣などに混ぜてしまえば、苦手な人でも取る事が出来ます。
どちらかというと私も苦手なのですが、牛乳などに溶かして飲む分には大丈夫ですし、抹茶ミルクのようで美味しいです。
青汁の原材料は、商品によって様々なものが販売されています。明日葉だったり、モロヘイヤだったり、色々なものが混合されているのが普通ですが、最近では、少々変わったミドリムシを原材料としたものも青汁とされて販売されています。
ミドリムシは単細胞生物でありながら、葉緑素を持つ不思議な生き物です。
青汁にするだけでなく、他にも用途が多数あり、これを栽培する事で地球環境の改善にも期待されています。
私も通常食事をとっていると、野菜不足を多々感じますので、偶に青汁を飲まなければと思い立って、20パック程度の安いものを買ってきます。
結局殆ど家族に飲まれてしまい、自分の口に入るのはちょっとだけ。
中々そのまま飲める好みのものには当たりませんが、サプリメントタイプになっている青汁なども考えてみるのもアリですね。
沢山買ってくると余ってしまうのに、少し買ってくると何故かすぐに無くなる不思議な家庭です。
色々な商品が各所で売っているので、色々買って試したいです。

更新履歴