夫と長男の子供じみた言い合いは続く

まだ11月だから降ったところで大した事ないと高を括っていた長男は、早起きしてスタットレスタイヤに交換してから出勤した、母屋で暮らす長男の嫁が夫に言ったそうです。嫁も出勤時間が迫っているため、庭の雪掻きは夫の仕事です。夫が、昨日から雪が降るとあまり言うので息子は煩がっている様子が目に見えるようです。 言った通り雪が降ったので夫は勝ち誇って、こんなことでそこまで嬉しいのかと言いたいくらいです。昨日のうちにタイヤ交換しとけばいいのに俺の言うことを聞かないもんでと。手伝ってくれって言われたわけじゃないし、長男も大人何だからほっておけばいいじゃんと、二人の子供じみた喧嘩というか意地の張り合いを面白がっています。夫と長男は話をしていてもすぐ意見が割れ、夫の言葉もくどくど 確かにうるさいし息子の気持ちの方がよくわかります。 そのうち夫のお節介の矛先がわたしに振られ、お前の育て方がどうのこうのといつものパターンに推移していきます。そうだね、私一人で育てたかも知れないね。朝早く出勤して遅く帰宅する日が続いて、日曜日に会うと夫を怖がったりしたっけ。何十年経っても幼少時の息子と夫の距離は一定のままです。息子も夫と直接話さず、中にいる私が心を通訳しなければなりません。詳しく調べたい方はこちら>>>>>じゅうたん王国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です